スコブルステキナ世界blog!!

スコブル素敵なお気に入りブログ!!
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
Category : -
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
いくつになっても人生は変えられる!「決まりきった次のステップ」とは違う一歩を踏み出したとき、すばらしいことは起きる。起業家精神とイノベーションの超エキスパートがまとめた「この世界に自分の居場所をつくるために必要なこと」。



JUGEMテーマ:読書
 
Posted by サイダー
Category : 雑誌・書籍
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
敏腕マネージャーと野球部の仲間たちが甲子園を目指して奮闘する青春小説。高校野球の女子マネージャーのみなみちゃんは、マネージャーの仕事のために、ドラッカーの『マネジメント』を間違って買ってしまいます。はじめは難しくて後悔するのですが、しだいに野球部のマネジメントにも生かせることに気付きます。これまでのドラッカー読者だけでなく、高校生や大学生、そして若手ビジネスパーソンなど多くの人に読んでほしい一冊。


JUGEMテーマ:読書
 
Posted by サイダー
Category : 雑誌・書籍
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
決定力を鍛える―チェス世界王者に学ぶ生き方の秘訣
王者カスパロフは、つねづね「何手先まで読むのか」「どうやってあの一手を思いついたのか」「成功の秘訣は何か」とインタビューで問われ続けました。そして答えを自分なりに探していくうちに、チェスで行う思考プロセスの中にこそその答えがあり、そこには、人生に、スポーツに、ビジネスに通じる哲学がある、と気づきました。

本書は、チェスで得た教訓、知恵を伝授する一冊です。

何かを成し遂げるには、才能だけでは足りない、まじめに研究するだけは足りない、とカスパロフは言います。

世界中のビジネス界から、講演依頼が殺到する究極の意思決定プロセスとは?


JUGEMテーマ:読書
 
Posted by サイダー
Category : 雑誌・書籍
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
いくつになっても人生は変えられる!「決まりきった次のステップ」とは違う一歩を踏み出したとき、すばらしいことは起きる。起業家精神とイノベーションの超エキスパートがまとめた「この世界に自分の居場所をつくるために必要なこと」。


JUGEMテーマ:読書
 
Posted by サイダー
Category : 雑誌・書籍
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
1Q84 BOOK 3
村上春樹
新潮社
¥ 1,995
(2010-04-16)

1949年にジョージ・オーウェルは、近未来小説としての『1984』を刊行した。

そして2009年、『1Q84』は逆の方向から1984年を描いた近過去小説である。

そこに描かれているのは「こうであったかもしれない」世界なのだ。

私たちが生きている現在が、「そうではなかったかもしれない」世界であるのと、ちょうど同じように。


JUGEMテーマ:読書
 
Posted by サイダー
Category : 雑誌・書籍
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
グミ・チョコレート・パイン パイン編
冴えない日々を送る高校生、大橋賢三。山口美甘子に思いを寄せるも、彼女は学校を中退し、着実に女優への道を歩き始めていた。そんな美甘子に追いつこうと友人のカワボン、タクオとバンドを結成したが、美甘子は女優として鬼才を発揮しながら共演の俳優とのスキャンダルや秘められた恋を楽しんでいた…煩悩ばかりで健気な賢三と自由奔放な美甘子の青春は交錯するのか?青春大河巨編、ついに完結。

グミ・チョコレート・パイン パイン編 (角川文庫)
グミ・チョコレート・パイン パイン編 (角川文庫)
大槻 ケンヂ


JUGEMテーマ:読書


Posted by サイダー
Category : 雑誌・書籍
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
グミ・チョコレート・パイン グミ編
大橋賢三は高校二年生。学校にも家庭にも打ち解けられず、猛烈な自慰行為とマニアックな映画やロックの世界にひたる、さえない毎日を送っている。ある日賢三は、親友のカワボン、タクオ、山之上らと「オレたちは何かができるはずだ」と、周囲のものたちを見返すためにロックバンドの結成を決意するが…。あふれる性欲と、とめどないコンプレックスと、そして純愛のあいだで揺れる“愛と青春の旅立ち”。大槻ケンヂが熱く挑む自伝的大河小説、第一弾。

グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)
グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)
大槻 ケンヂ


JUGEMテーマ:読書


Posted by サイダー
Category : 雑誌・書籍
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
グミ・チョコレート・パイン チョコ編
大橋賢三は黒所高校二年生。周囲のものたちを見返すために、友人のカワボン、タクオ、山之上らとノイズ・バンドを結成する。一方、胸も大きく黒所高校一の美人と評判の山口美甘子もまた、学校では「くだらない人たち」に合わせてふるまっているが、心の中では、自分には人とは違う何かがあるはずだと思っていた。賢三は名画座での偶然の出会いから秘かに想いをよせていたが、美甘子は映画監督の大林森にスカウトされ女優になることを決意し、学校を去ってしまう…。―賢三、カワボン、タクオ、山之上、そして美甘子。いまそれぞれが立つ、夢と希望と愛と青春の交差点!大槻ケンヂが熱く挑む、自伝的大河小説、感涙の第2弾。

グミ・チョコレート・パイン チョコ編 (角川文庫)
グミ・チョコレート・パイン チョコ編 (角川文庫)
大槻 ケンヂ


JUGEMテーマ:読書


Posted by サイダー
Category : 雑誌・書籍
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
ヘンプとウッドビーズで作るアクセサリー
ストラップからキーホルダー、ブレスレット、ネックレス、ルージュケース、iPodケースまで、環境に優しい素材のヘンプとウッドビーズを合わせて作る、ナチュラルテイストのシンプルなアクセサリーや小物を紹介する。

ヘンプとウッドビーズで作るアクセサリー
ヘンプとウッドビーズで作るアクセサリー

JUGEMテーマ:趣味


Posted by サイダー
Category : 雑誌・書籍
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
シン・シティ:ビッグ・ファット・キル
コミックスの誌面を、生身の俳優を使って忠実に再現するという前代未聞の難題に挑戦し、コミックのみならず、映画ファンの度肝を抜いた映画『シン・シティ』。映画『シン・シティ』は、原作であるコミックシリーズの中から、第1弾の「ハード・グッドバイ」、第4弾の「ザッツ・イエローバスタード」を選り抜いて構成されていたが、三つ目のエピソードとして挿入されたのが、シリーズでは第3弾に当たる本書「ビッグ・ファット・キル」である。ベイシン・シティ、転じてシン・シティを舞台とするこのシリーズは、現在、第7弾まで発表されているが、基本的に主人公は毎回異なっている。街そのものが主人公という考え方であり、そのため別のシリーズのキャラクターがちょっとだけ顔を見せたり、会話の端に上ったりという事も頻繁に起きる。本書でも、ストーリーの鍵となる娼婦達が第1弾の「ハード・グッドバイ」にちらりと顔を見せていたし、「ハード~」の主人公であるマーヴの名も出てくる。シン・シティという街を通して、すべてのシリーズが繋がっているのだ。
 今回、巻末には、『シン・シティ』の発行元であるダークホースコミックスで活躍するアーティストを中心に、10人のアーティストがイラストを寄稿している。『ヘルボーイ』で日本にもファンが多いマイク・ミニョーラの名前もあるが、注目は、スパイダーマンの代名詞的存在であるジョン・ロミータ(父)と、コミックスクールを経営している大ベテラン、ジョー・キューバートだろう。半世紀に及ぶキャリアを誇る両大御所の登場は、『シン・シティ』シリーズが、単なるバイオレンスが売り物のゲテモノではなく、一つの作品として正当に評価されている事の何よりの証だと言えるのではないだろうか。本書「ビッグ・ファット・キル」は、1994年11月から95年3月にかけて5部構成のミニシリーズとして発売された。巻頭のカラーページは、それらの表紙である。

シン・シティ:ビッグ・ファット・キル
シン・シティ:ビッグ・ファット・キル
フランク・ミラー
Posted by サイダー
Category : 雑誌・書籍
0 Comments / 0 Trackbacks / Permalink このページを行き先登録
<< | 2/21PAGES | >>
Categories
Archive
Search



商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

click!







自動更新バナー:コスメ